サイズの測り方

How to Measure Your Size

お客様ご自身のヌードサイズを測る方法と、お気に入りのシャツの製品寸法を測る方法があります。

ご自身のヌードサイズを測る場合

ネックサイズ

のどボトケのやや下あたりを通るように、首周りを一周測ります。
ジャストサイズでヌード寸法に+3cm、ゆったり目でヌード寸法に+3cmした数値がネックサイズの目安です。

  • 例:ヌード寸法36cmの場合、ジャストサイズでネック38cm、ゆったり目でネック39cmとなります。
    ヌード寸法が36.5cmの場合は、ジャストサイズで39cm、ゆったり目で40cmがおすすめです。

肩幅

腕と肩の境目あたりにある骨の出っ張りから、首を下に向けたときに現れる骨(第七頚椎)を通り反対側の腕と肩の境目の骨の出っ張りまでを測ります。

ゆとり量は必要ありません。ヌード寸法に近くなるように肩幅を修正してください。

裄丈

まっすぐ直立した状態で下を向いたときに、首と肩の付け根の中心に現れる骨(第七頚椎)から肩先を通り親指の付け根までを左右別で測ります。
裄丈はネックサイズと並び、シャツにとって重要な寸法です。
洗濯後の縮みと肘の曲げ伸ばしの運動量を考慮し、親指の付け根までの採寸をおすすめしています。

カフス廻り

手首の骨の出っ張りを通るように、一周を測ります。
手首寸法にジャストサイズで+6cm、ゆったり目で+7cmした数値が、ネックサイズの目安です。

腕時計を考慮する場合は、着用する方の手首周りに更に+1cm〜+2cmした寸法がおすすめのカフス廻り寸法です。
一般的なドレスウォッチで+1cm、スポーツタイプなどの厚みがあるもので+2cmが目安ですが、特に厚みがある時計はカフスに収まりきらない場合がありますのでご注意ください。

チェスト・ウエスト・ヒップ

チェスト

胸の一番膨らんでいる部分から脇のやや下を通り、水平に一周を測ります。
ヌード寸に、タイト目で+13cm、通常で+15cm、ゆったり目で+18cmした数値がチェストサイズの目安です。


ウエスト

へそのやや上あたりを通るように、水平に一周を測ります。
ヌード寸に、タイト目で+8cm、通常で+10cm、ゆったり目で+13cmした数値がバストサイズの目安です。
ウエスト調整でお好みの数値に調整してください。


ヒップ

一番膨らんでいる部分を通るように、水平に一周測ります。
ヌード寸に、タイト目で+8cm、通常で+10cm、ゆったり目で+13cmした数値がヒップサイズの目安です。
ヒップ調整でお好みの数値に調整してください。
裾を外に出して着用されるカジュアルシャツの場合は、ゆったり目のゆとり寸法をおすすめします。

着丈

まっすぐ直立した状態で下を向いたときに首と肩の付け根の中心に現れる骨(第七頚椎)から、背中に沿うように下ろし太腿の付け根までを測ります。

裾を中に入れるドレスシャツ・フォーマルシャツの場合は、太ももの付け根から+5cm〜+8cm
裾を外に出すカジュアルシャツの場合は、太ももの付け根から0cm〜−3cmがおすすめの着丈の目安です。

お気に入りのシャツの寸法を測る場合

ネックサイズ

ボタン付け糸から ボタンホールの中心までを測ります。

肩幅

袖の付け根から測ります。 採寸したサイズ÷2が、次にご説明致します裄丈採寸に必要となる背中心になります。

裄丈

首の付け根の背中心からカフスの先端までを測ります。
オーダーでお仕立てされたシャツの場合は、左右で裄丈が異なる方がいらっしゃいますので左右とも採寸して下さい。

カフス廻り

カフスの端から端までを、ボタンとボタンホールを通るように一直線に測ります。
オーダーでお仕立てされたシャツの場合は、左右でカフス廻りが異なる方がいらっしゃいますので左右とも採寸して下さい。

チェスト・ウエスト・ヒップ

チェスト

脇の下から一直線に測り、そのサイズ×2がチェストサイズになります。


ウエスト

台衿ボタンから5番目のボタンと6番目のボタンの間から一直線に測り、そのサイズ×2がウエストサイズになります。


ヒップ

ピース位置からピース位置までを一直線に測り、そのサイズ×2がヒップサイズになります。

※チェスト・ウエストの採寸について、背中にタックが有る場合は、タックを広げて採寸して下さい。

着丈

台襟の付け根の中心から後ろ身頃の裾の先端までを一直線に測ります。