秋のコーデュロイ開襟シャツが新登場
OPEN COLLAR CORDUROY SHIRT
秋の開襟シャツが新登場

近年、毎年春夏のトレンドとして注目されているオープンカラーシャツ。 開襟シャツの名前の通り襟元が開いたディテールは、ハワイのアロハシャツが起源とも言われており、リラックスした雰囲気が特徴のカジュアルシャツです。

土井縫工所でも2021SSから半袖モデルの販売をスタートし、ご好評をいただいています。
春夏向けのシャツと思われがちなオープンカラーシャツですが、実は秋冬のコーディネートでも活躍する万能選手。
土井縫工所では2021AWの新作として、温かみのあるコーデュロイ素材を使用し、長袖に変更したオープンカラーシャツが登場します。

秋冬のオープンカラーシャツの着こなしは?

春夏ではカットソーの上に合わせたり、一枚で着ることが多かったオープンカラーシャツ。 秋冬でも同じように着こなしていただいてももちろん大丈夫ですが、おすすめなのはインナーにニット・セーターを着ていただく着こなしです。 特にタートルネックやモックネックといった、首元が隠れるニットと合わせていただくことで、上品さと季節感を演出することができます。 また、少しオーバーサイズでお仕立ていただいた場合は、シャツジャケットのような羽織物としての使い方も可能です。




秋冬の着こなしにベストな6色展開

起毛したような肌触りと縦畝が特徴の、秋冬の定番素材であるコーデュロイ。 今回使用したのは、その中でも比較的薄手のシャツコーデュロイと呼ばれる生地です。 定番のネイビーやブラックを中心に、秋冬らしい落ち着いたシックなトーンで計6色をご用意しました。


オープンカラー(開襟)シャツのディテールをご紹介

オープンカラー

第一ボタンを外して着ることを前提とした台襟のない襟型です。見た目も着心地もリラックスした羽織物など普段使いにも適しています。

スクエアタイプの裾形状

オープンシャツはパンツインしないスタイルのため、裾の形がドレスシャツのテールドボトムではなくスクエアボトムになっています。 また、お尻回りが窮屈にならないように両脇に6cmのスリットを入れ、スリットには補強のため環止めを施しています。

着丈

タックアウトを前提としているため着丈も通常のドレスシャツより5cm短く設定していますので着丈でお悩みの方は規定のサイズでご注文されることをお勧めします。