目指せ、ココロのアンチエイジング

仕事柄、色々な人に会います。
女性誌、男性誌、ファッション雑誌、インテリア雑誌などのモード系から、
生活情報誌や企業の広報誌まで関わっているので、
取材対象もインタビューする相手も千差万別です。
ヴィヴィアン・ウエストウッドにインタビューした帰り道、
世田谷区役所に行って「梅まつり」の写真を借り、
小田原で梅干し漬けてるおじさんにインタビューしたあと、
都心に戻りハリウッドの映画監督にインタビューするといった、
超メリハリのある仕事です。
そんな感じで色々な人に会うのですが、
みなさんそれぞれ、人物・ファッションともども味わい深いものがあります。
その中で純粋にファッション的に「おしゃれ!」と思った男性は?
というと、2人とも芸能人の方でした。
(一応、服飾を専門とするプロの人以外で)

お2人とも文化出版のミセスという雑誌の取材でお会いしたのですが、
1人は、堺正章さんです。
この方は、もう数十年前から「部屋にルオモ・ヴォーグ*が転がっているらしい」
とウワサがありました。
今でこそ、若手男性芸能人や一部お笑い芸人の方でもみなさんオシャレで、
私がお会いした中でも椎名桔平さんや小林薫さんなんかも、
プラダやグッチをサラリと着こなしていて、
パリコレのモデルみたいにスタイリッシュでした。
でも年配の芸能人でルオモ・ヴォーグを数十年前から愛読している人といえば、
やっぱりマチャアキ以外に思い出せない。
そして本物はウワサ以上にダンディーでした!
愛用のスーツはゼニア*だそうですが、高級スーツをバリバリと、という感じでなく、
肌に馴染ませてさりげなく着こなしている感じが、なんともお洒落(ここは漢字な感じ)。
英国紳士というか、英国の田園風景に似合いそうな、大学教授風印象。
お会いした時、とてもにこやかなのに目がマジメで、
あの有名な笑顔の奥に広がる深い深い土壌の存在を感じました。
それは知識とか経験とか智恵とか感受性とか、
いろいろな要素からできているのだと思うのですが、
そのうえで自分をどう見せたいかもよくわかっていて、
見事にセルフ・プロデュースできている。
なおかつ服はパッケージだということもよくわかっている。
叡智が生んだ隙のないスタイルという感じで、
おしゃれってこういうことをいうんだなと納得させてくれます。

そんな堺さんと対極ともいえるのが、
ナチュラル系あるいは脱力系お洒落キングと呼びたい三國蓮太郎さん。
もうダントツです。
まず取材の前に撮影があり、スタジオに現れた三國さん。
日本を代表する名優にして大スターにして日本映画界の重鎮ですよ。
そんな大スターが飄々と入って来る、
まずその軽やかな登場の仕方がなんともカッコいい。
もちろん日本人離れした容貌や身長にも恵まれているのですが、
服が極めつけにオシャレ!!
当日の私服は紺白の細い縦ストライプの綿ジャケットに、淡いブルーのTシャツ。
生成のコットンパンツに茶色いデザートブーツ!
ここがポイントなのですが、そのジャケットもTシャツも新品ではなく、
いいかんじに着込んである。
普通、ピカピカの若造ならヨレた服を着ても、それなりにおしゃれに見えますが、
年齢を重ねた人がヨレた服を着て輝けるというのは、並大抵のことではない。
全身お洒落パワーに満ちたボディーと顔つきをしていなくては、
たちまちヨレヨレカモフラージュに覆われて、くすんでしまうのです。
それがまあ三國さんと来たら、着慣れたシャツが逆になんとも粋で、
パリやミラノの町角で擦れ違う洒落者おじさまというかんじ。
もちろん撮影のバリッとした新品衣装も見事に着こなしてしまう。
さらに、表情や語り口調、仕草、物腰、すべてにフェロモンが漂っているのでした。
そのフェロモンすなわち、女性、あるいは生物全般に対する包容力ではないか、と思いました。
「僕自身も含めて、年寄りは信用してないから、できるだけ若い人の話を聞くようにしてるんです」と三國さんはおっしゃった。
仕事で知り合ったロック・ミュージシャンを家に呼んで色々話をして、
すごく楽しかった、という話もされていました。
当時80代半ばのおじさまが、ですよ。
未知のもの、新しいものへの興味や好奇心が三國さんを若々しく保ち、
フェロモンを形成して周囲の生物を引き付けて、さらに若々しくなって、のような。
しかも話すほど柔軟で少年ぽい、ピュアな部分が浮きぼりになって来ます。
魅力的に年を重ねる秘訣は柔軟さにあるんでしょうか。

ともあれ、かたや隙のないスタイリング、かたや脱力系スタイリングと、
一見異なるお二方ですが、その基本であるボディーにパワーがあるのは同じ。
そしてファッションは生き方そのもの、と改めて思わせてくれます。
私も、着古したシャツとジーンズでおしゃれに見えるおばあちゃんを目指したい・・・と淡い夢を。

*L’uomo Vogue イタリアの男性ファッション雑誌です。
*ゼニア イタリアの生地メーカーがはじめたオーダースーツやアパレルの高級メンズブランド。

いとしのロンドンストライプ

木々に咲く花が次々に目を楽しませてくれるこの季節。
東京は桜が葉桜に変わり、八重桜が美しい時季になりました。
今年はお花見を自粛せよ、いや、その必要はない、なんて言われましたが、
そんな世間の声にはおかまいなく、時季がくれば花は静かに咲き、
春という再生の季節の力強さを教えてくれます。
今年は特に、花の暖かみを感じるというか、
いつにもまして、ココロを癒してくれる気がします。
すべての人たちが、来年の今頃は穏やかに花見の季節を迎えていられますように。

さて、そんな春先。
霞たなびくうららかな日には、
いつも黒や紺系に走りがちな人でも(私もそうです)、
さすがに生成やベージュの淡い色のジャケットが恋しくなるのではないでしょうか。
(私もそうです)。
ベージュのジャケットとくれば、
シャツは爽やかなブルーのロンドンストライプあたりを合わせたくなります。
このロンドンストライプというのは、知的にしてスマート、
しかもストライプの持つ若々しい印象に、
独特の色気が醸しだされると思うのは私だけでしょうか?
というので、超個人的な判断基準ですが、
青系のロンドンストライプシャツは、かなーり男前度がアップすると思います。
しかもこのシャツ、正統派で着こなしても、カジュアルに着こなしても、
同様におしゃれでスマートな感じがする、1点で十分存在感のある、
パワフルアイテムのひとつではないでしょうか?

これまでに記憶に残るロンドンストライプシャツの着こなしといえば。
一人目は、昔、表参道にあった友達のセレクトショップで見かけた男性。
顧客というその人は、ロンドンストライプのシャツにベージュのスーツを着て、
全体的にトラッドな印象のスタイリングでした。
ところがその襟元には、なんと可憐な花柄のネクタイが…。
植物画のようなクラシカルで具象的なタッチで、
バラやアネモネが描かれたネクタイです。
その男性はかなりふくよかなタイプで、一見モード系な体型ではないし、
顔つきもおしゃれ系というより、TKOの木下さん(ボケのほう)的な・・・。
その「木下さん」が植物画ネクタイ効果で、
なんとも味わい深くスタイリッシュな人物に見えたのでした。
彼が出て行ってから友達に「すっごくおしゃれじゃない、あの人? あのネクタイすごい!」
というと「あれは多分古いグッチじゃないかな。あの人ああいうの、パリやミラノ行って見つけてくるんだよね〜。この前はヴィヴィアン(ウエストウッド)のバンビ柄のネクタイしてたよ」とのこと。
ごく正統派のスーツやシャツ+個性派ネクタイ、あるいは個性派カフス。
そんな上級のおしゃれに挑戦してみては?

二人目は、代官山で見かけた青年。
彼はロンドンストライプのシャツに、紺地のリボンタイをしていたのですが、
それが、かわいいモチーフを色々織りこんだチロリアンテープ風のタイなのです。
その上に紺色のロングコート、ロールアップジーンズに茶色のローファーという、
さりげな〜いスタイリングなのですが、
ストライプシャツの知的な世界をチロリアンテープで、
「男のメルヘン」にしてしまった彼のコーディネートもまた忘れられません。

そして最後の一人は、とあるレストランのパーティで見かけた男性。
彼は少々光沢のあるチャコールグレイのスーツに、
ロンドンストライプのシャツという、これまたなにげないコーディネートでした。
ところがネクタイではなく、紺地にワインの水玉模様のシルクスカーフを合わせています。
しかもアスコットタイのように首元で結んでいるのでなく、
シャツの上から大判のスカーフをして前を重ね、その上にジャケットを着た感じ。
スーツの襟にそってスカーフが見えます。
そう、よくコートからマフラーがみえている感じです。
特にイケメンというわけでもない、一見フツーのおじさんなのに、
スカーフのあしらいがフツーじゃなくてカッコイイなと密かに見ていると、
そのうちライブバンドのラテン系な音に合わせて、
一人軽やかに踊りだし、すこぶる踊れるおじさんでびっくり。
やっぱり、男の人の魅力のひとつにギャップというのがありますね。
意外なコーディネート、意外な行動。
女子のハートがキュンとなるのはこんな瞬間です。
ともあれ、寒くもなく暑くもなく、
春はあれこれおしゃれにトライするのに最適な季節です。

ピンクのドレスシャツのメッセージ

東北関東大震災で被害に合われた方々、ご家族の方々に心からお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と復興をお祈りしております。

はじめまして。

今日から、ここでコラムを書かせていただくことになりました。

ドレスシャツに関係することも、ほぼ関係ないことも、

アレコレさまざまな世界を「空飛ぶ魔法のシャツ」に乗って、

いっしょに見に行きませんか?というのがタイトルの意味合いです。

これから、どうぞよろしくお願いいたします。

ご存知のように、3/11を境に、東北や北関東の方々の生活は大きく、

私の住む東京での生活も、少し変わりました。

もちろん、東北で被災された方々の境遇とは比するべくもありませんが。

一番大きな変化は停電と節電です。

デパートやスーパーマーケット、コンビニの店内も照明が抑えられていて、

街全体がどんよりしています。

でも、人通りはそのままで、みんな居酒屋やレストランに入っていくし、

普段より暗いショッピングセンターのショップでは、

お客さんたちが普通に洋服や雑貨を選んでいます。

そうした欲求や欲望が、経済を回して行く要因のひとつだなあと、

いつになく思いました。

そういえば、震災前も不況と言われましたが、

グルメ取材で銀座や六本木の有名レストランに行くと、

相変わらず「予約が取れない店」のままという所が多いのでした。

中でも客単価3万とか5万とかするような麻布の人気懐石料理屋は、

取材中もひっきりなしに予約の電話が鳴り続け、

もう今夜はいっぱいですと申し訳なさそうにことわっているのです。

そういう店のオーナーシェフや板前さんは、

本当に切磋琢磨しておいしい料理を作っています。

その真剣で情熱的でプロフェッショナルな仕事ぶりから生まれる料理は、

やはりおいしさの底力が違うわけで、不況であろうと人々を惹きつけてしまう。

これからの時代は、こういう本物でないと生き残れないんだと、

まざまざ見せつけられた感じがしました。

土井縫工所のドレスシャツも、ここならではのクオリティーが、

ジワジワと認知されつつある今日この頃です。

この所、テレビのACのコマーシャルで毎日、

応援のメッセージを力強く伝えてくれるトータス松本さん。

このサイトのBlogでも書いてありますが、

トータスさんが着ていらっしゃるピンクのシャツは、土井縫工所のものです。

タイトフィットのダーツモデルで素材はブロード、カラーはセミワイドスプレッド、

カフスはノーブルタイプ、というもの。細身のスーツに最適なモデルですね。

トータスさんの暖かい関西弁と、タフな口調、凜としたパワフルな声で、

「絶対やれる!、信じてる!」と言われると、元気が出ます。

その、個性的な風貌とボルテージの高いホットな画面を、

黒いジャケットがいい具合に引き締めています。

そして画面中央ではピンクのシャツが優しい雰囲気を醸し出していて、

シンプルなのに効果的なスタイリングになっています。

トータスさんの背景に高速道路が写っているのも、躍動感があっていいな、

街の復旧や復興を示唆しているのかな、と思いました。

トータスさんのヒット曲のように、

♪ガッツだぜ パワフル魂!の精神は今後の復興に必要不可欠なものです。

でも、終戦後と違うのは闇雲に突っ走るのではなく、

人に優しい世界づくりということになるのでしょうか。

というわけで、パワフルなソウルをあえて柔らかく包んだピンクのドレスシャツが、

「今後の復興は強く・優しくが肝心」

というメッセージを伝えてくれたような気がしました。